FC2ブログ

2009-11-19

ジャン・コクトーと阿部薫

今日、墨何いれよっかなー♫と、パソコンを検索して、トライバル入れたいなあ?と思っていて、探していたら、ふと、「おいらってなんか、線の重なりとかが好きなんだな?」と考えていたら、自分も、そんな絵を書きたくて書いてるな?と思っていましたら、どっからそうなったんだっけ?と考えると、「ジャン・コクトー」なのだ。

この人は多分、ヨーロッパの、絵や芝居や写真や文章をやる人なんだけど、コクトーの、「阿片」ってゆー、絵ばかりの本を、秋田の図書館で見てから、「おー!かっこいい!」と思ったのだ。ってゆーかすごいタイトルですなあ?。


コクトー
↑これが表紙。
たしかA3くらいのでかい本だった。


おなにー
こんなハレンチなもんも書いてるが、


あへん
こーゆーのが、かっけー!って感じだ!
コクトーを入れるのもいいかも。

話は変わって、阿部薫の結構若いころの、トリオのCDが、この、秋田の図書館にはあって、
不真面目な高校生活を送った僕は、よくこの図書館に通ったもんだ(ナンパもされた。おっさんに。)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する